未分類

近年私たちは発電に対しての認知がかわりました。

2011年3月11日に起きた震災により原子力発電所の見直しや2016年4月から始まる、消費者の電力の自由化など電力に対しての話題は尽きません。

最近では太陽光発電が注目されるようになりました。

太陽光発電とは、太陽の光を利用して、太陽電池を使用して直接的に電力に変換する発電方式のことです。
別名ソーラー発電とも言い、これから渇水すると予想されている火力発電や水力発電に代わる再生可能エネルギーを用いて発電する新たな利用方法と考えられています。

最近の世帯住宅では建築会社が標準のオプションとして屋根に搭載されているのが多くなってきました。技術的特徴としての設備も場所を取ることもなく、住居に搭載されるときは太陽電池のスペース、必要な電圧を電力に変換する専用インバータ、用途に合わせて蓄電池を搭載されるだけで日中、日あたりの良いときに自動的に発電しているため、夜電気を付けたりガスではなくIH式のコンロであるならば太陽光発電で発電した電気で賄うことができるので、電気代を節約することができます。

また、毎月使い切ることがなく余ってしまった電力に関しては、直接電気を買取してもらえるサービスがある等、太陽光発電でのビジネスが確立されています。

また、住宅に採用されている太陽光発電は制約が少なく人工衛星や腕時計といった私たちが、日頃生活の中に使用しているものにも太陽光発電の技術を採用しているものがあります。

これからの太陽光発電の技術が躍進して各家庭に採用されていくだろう、と予想して太陽光発電の技術に着手したことで利益を大幅に伸ばした人物(孫正義等)が多く、その近未来のエネルギー変換には多くの注目を浴びることになるでしょう。

これから、太陽光発電は技術のコスト削減や太陽光市場の拡大等が大きく変化すると同時に、各国で先進的発電として普及が進められる一方、太陽光事業同士の摩擦や価格競争等についていけず、倒産する企業も増加すると考えられています。