未分類

太陽光発電というのは個人でもできる発電方法として最近では導入を検討している人も多いみたいですが、メリットと同様にデメリットや注意する点があるので、こちらを事前に知っておくのがいいでしょう。さて太陽光発電システムを導入する際にまず気を付ける点としては初期の設備費用だと思います。

この設備代は太陽光発電システムが流通してきてから段々と値段が下がってきているのですが、それでも初期費用として100万円から150万円程度が掛かると計算されます。この設備投資代を回収するという点で次に気になるのが、太陽光発電システムで作った電機を売る際の値段です。この値段については残念ながら年を取るごとに値段が下がて来ていて、初期では40円/kWhとなっていましたが2016年では30円/kWhにまで下がると予想されています。

これらのことを考えると導入費用を売電で回収するとなるとおおよそ10年少々ほどの期間が考えられますが、その期間中に関しては引っ越しなどをしてしまうと、それだけ損をしてしまうので気を付けたいところですね。ですがこの売電金額ですが、契約をしたときの値段は政府が買取保証をしてくれるのでなるべく下がらない時期に契約をするのがいいとされており、これからも売電値段が下がるとするのならばなるべく早い時期の太陽光発電システムを導入するのがいいでしょう。

しかし太陽光発電システムについては技術の進歩も目覚ましく発電効率も高くなってきているほかにも、太陽光発電モジュールも故障しにくい物へとなっているので、総合的にみればまだまだ再生可能エネルギーとして導入は魅力的だと言えるでしょう。こういった追い風もあってメーカーの保証期間も15年あたりまで伸ばしてくれるところもあるので、ぜひ複数のお店から見積もりを取って検討をするのがいいでしょう。

太陽光発電システムに関しては天候などの左右される他にもメンテナンスが必要となる点はあるものの、やはり導入する価値があるものなのでおすすめです。