知っておきたい、太陽光発電のメリットとデメリット

太陽の光で電気が作れる、太陽光発電。最近はこのシステムを導入する人が増えています。特に新築時には既に設置されているケースもあります。

太陽光発電にはたくさんのメリットがありますが、一方デメリットもあるようです。それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

まずメリットについてご説明します。承知の通り自然の太陽光で発電するため、それを使えば電気代が節約でき、大きなメリットと言えます。

余った電気は売電でき、その分は収入となります。オール電化の家であれば、他の燃料費が掛からないため、光熱費をかなり節約できるでしょう。

また災害時にも役立ちます。電気がストップした状態になっても、太陽光発電があれば困りません。

東日本大震災後には太陽光発電への期待が高まり、企業も個人も検討する人が増えました。いざという時にも安心できるシステムです。

その他、電気の消費についての意識が高まります。消費電力をモニタなどで確認できるため、節電に対する意識が高まり、家族みんなで自然に省エネに取り組めます。

そのような家庭が増えれば、地球に優しいエコ活動の一環になります。

一方、デメリットもありますので見てみましょう。

太陽光発電の設置に際して最も気になるのが高額な費用です。数百万単位のお金が必要になりますから、果たして元が取れるのだろうか、と言う疑問が湧きます。

これに関しては、売電価格が下がる傾向にありますので、大変微妙なところです。元を取った時点でまだ性能に問題なければ、その後は売電収入が得られるため、設置して良かったという結論に至ります。

また太陽光発電の場合、お天気に発電量が左右されます。雨の日と晴れの日で発電量が全く違うため不安定な供給である点は、デメリットと言えます。

電気が足りない分は、従来通り電力会社の電気を使いますので、その分の費用が掛かります。

電力の不安定感は、蓄電池も併せて検討すれば解消しやすいでしょう。太陽光発電と蓄電池をセットで購入すると安くなるケースもあり、同時購入する人が増えています。災害時などにも蓄電池があれば安心ですから、蓄電池も一緒に検討するのがおすすめです。

以上が大まかな太陽光発電のメリットとデメリットです。これから設置を検討している方は、その両方を踏まえてしっかり検討すると良いでしょう。"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です