昨今の住宅における太陽光発電

生活をしていくうえで欠かすことのできない電気ですが、人工的な力で発電をするのには環境にたくさんの負担がかかってしまいます。

ですが、大きなエネルギーを持っている太陽光は別です。太陽に光を利用した発電であれば、発電の際に二酸化炭素や窒素酸化物などを発生させずにクリーンなエネルギーを得ることが可能になります。今ある発電装置を太陽光発電に変更することによって、問題になっている環境汚染対策や原油使用量も大きく削減できることが期待されているのです。

太陽光発電は発電をする際に騒音も伴わず、また排出する余分なものもありません。日光の照射量さえ確保することができれば、どのような場所でも発電設備を設置することが可能です。

一般住宅の場合には太陽の光を一番浴びる屋根への設置が一般的ですが、屋根に太陽光パネルをつけることによって屋根材が直射日光を浴びずに済むために寿命が延びますし、また屋根に吸収される太陽熱を妨げることができますので、室内温度も下げることができるというメリットがあります。

クーラーの使用率を下げられて、太陽光発電は節電にも繋がります。

太陽光発電導入後は普段は自家発電をした電気を使用して、夜間や雨天などの発電量が不足してしまうときのみ電力会社から電力を買うという方法を取ることになります。

ですので、電気の基本料金は大幅に抑えることが可能です。

昨今の住宅はオール電化の家も多いのでその恩恵は数字として明確に感じられるでしょう。また、日中の日が出てるときに限りますが、停電時や災害等で電力供給がストップしてしまったときにも自家発電をすることができるというのが大きなメリットです。

ただし、太陽光発電システムを住宅に設置するためには、初期費用が嵩んでしまうというのがデメリットです。

ですが、昨今では一般家庭にも太陽光発電の導入を促進させるために、国や自治体からの補助金制度が整っています。また、余剰電力を電力会社に売ることのできるシステムもありますので、高額な初期投資費用も15年から20年程度で回収が可能とされています。

昨今では注文住宅を中心に、新築住宅への太陽光発電システム導入も積極的に行われています。導入費用も住宅ローンへ組み込みが可能ですので、検討してみるのもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です