太陽光発電高コスト構造

太陽光発電は一戸建などでどんどん増えていますが、最近増えてきているのがメガソーラーといわれるとても大きな発電システムです。

工場などの事業所の屋根に太陽光パネルを取り付けたり、大きな空き地に太陽光パネルを取り付けて発電するシステムです。

 こうした太陽光発電が行われる理由は儲かるからです。太陽光パネルで発電した電気は電力会社に売電されます。この売電価格が結構割高ですので、メガソーラーを行っている業者は儲かる仕組みです。

これに当て込んで多くの会社がこの太陽光発電のビジネスに参入しています。

 太陽光発電はエネルギーを無駄遣いしないので、メリットがありますが、デメリットもあります。最も大きなデメリットはコストが高いという点です。

太陽光発電は火力や原子力に比べて割高ですので、このコストは消費者が負担しています。

そしてそのコストで業者が儲かるという少しいびつなシステムになっているんです。

太陽光パネルを設置できる家庭などはいいのですが、マンション住まいの人は太陽光パネルを設置できないので、不公平も生じています。

そして今年の4月からは一般家庭でも電力会社が選べるようになります。今までは地域独占でしたので、地域によって電力会社が決まっていましたが、今後は自由に電力会社が選べるようになります。

こうした発送電分離は日本以外の先進国では一般的ですが、環境先進国のドイツなどでは発電会社によって電力源が違うという特徴もあります。

化石燃料で発電した電力や原子力などの他に、太陽光発電などの再生エネルギーで発電した電力も選べます。従来の電力会社は安いのですが、当然こうした再生エネルギーの電力料金は大変高く、一時期は人気がありましたが、今はあまり人気がないといわれています。

日本でもこうした再生エネルギーを使った電力会社は登場してきそうですが、電力料金はとても高くなりそうですので、あまり普及しないといわれています。"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です