太陽光発電システムはHEMSと一緒に設置するのがオススメ

太陽光発電システムは、太陽からの熱を電力に変えて、電気製品が稼働するのに必要な電力を作り出してくれると言うとても便利なシステムです。

太陽光発電システム単体で設置してももちろん発電自体には変わりなく、家計における電力使用量を節約してくれますが、更におすすめなのは、HEMSと一緒に設置すると言う方法です。

まず、HEMSと一緒に発電すれば、発電量や売電量を視覚的にわかりやすく表示してくれるので、電気使用量に対する意識が変わってきます。

HEMSは、更には、各部屋の電気の使用量を管理してくれるので、部屋の電気の付け忘れや余分な電気設備の使用が無いかどうかという事も注意して生活するようになります。

HEMSとの組み合わせで生活する事により、家の電気の消費量を少なくして、その結果、日中は太陽光発電システムで発電した電気を消費する量が減って、余った電気は売電の方向へ回すことが出来るようになるので、売電による収入が増えるようになります。

太陽光発電システム単体を設置してもHEMSを設置した時のような各部屋の電気使用量を視覚化したり、太陽光発電システムの発電量、売電量の管理がうまくできないので、HEMSと一緒に太陽光発電システムを設置する事によって、家の電気をトータル的に管理することが出来て、さらに家計の節約につながると言えます。

HEMSや太陽光発電システムの設置には非常に高価なお金が必要にはなりますが、その一部は、国や地方自治体の補助金という形で補助してもらえる場合がほとんどです。

市町村による補助金の額や、適応されるシステムなどについては各自治体で少し違ったりするので、市町村のホームページや市役所、区役所などを訪れて補助金に関して相談してみる事もお勧めです。

システムにかかる金額の1割程度は補助してもらえますし、それ以上に補助してもらえる場合もあるので補助金を利用しないのはとても損だと言えるので、太陽光発電やHEMSの設置には補助金にも注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です