太陽光発電の仕組みとメリットやデメリットについて

太陽光発電は最近非常に人気がでているようで一戸建てを新築する際に屋根にソーラーパネルの設置をしている家屋をたくさん見かけるようになってきています。その理由としては近年のエコ化の波に乗っているということ以外にも電気代を節約できるという経済面でのメリットが非常に大きいと言えるでしょう。太陽光発電は、最初にソーラーパネル設置時に高額な費用がかかりますが、この初期費用だけであとはほとんどメンテナンスの費用がかからないので長期的に見ると非常にお得だと言えるのです。

さて、太陽光発電を自宅に取り入れようとした場合のメリットとデメリットについて考えてみます。メリットは、先ほどの通りの自宅での電気代が節約できるという経済的効果です。さらに太陽光発電はソーラーパネルを通して電力を供給してくれますが、自宅でこれらの電力を使用して残った分の電気を電力会社に売ることが出来るのです。

この制度により、発電された電力を余すことなく有効活用できるのでとてもお得だというわけです。他のメリットとしては、エコ派には嬉しい環境保護の点からみた地球に優しい発電方法だという面です。地球の為に太陽光発電が大きく寄与することで自らも地球の環境を守っているという充実感が得られるのも何物にも代えがたいメリットでしょう。

一方、残念ながら太陽光発電はメリットばかりではないのも現実です。まず一般的に大きな壁となるのがソーラーパネル自体のコストや設置費用が非常に高額であることです。一戸建ての家屋に設置する場合は設置面の広さにもよりますが100万円ぐらいから2、300万円前後かかることも珍しくありません。ですので太陽光発電自体が限られた家庭のオプションである場合が多くなります。そしてその他にも日本のように一定の期間に梅雨があり天候が悪い日が続くことがある場合には、太陽が出ないことが多いためその間は発電が出来ず、電気会社からの電気を使うしかありません。もちろん夜間も当然発電が出来ないので通常の電気代がかかってしまうのです。

このように太陽光発電はメリットもデメリットもあることをしっかり理解し納得した上で設置の決定をすることがとても大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です