太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電とは、ソーラーパネルを利用して太陽のエネルギーを集め、電気に変えるというシステムです。
太陽のエネルギーは膨大な電力になることは間違いありませんが、導入する上ではメリット・デメリットがあります。

< 太陽光発電のメリット >

災害時に利用できる
最近日本で度重なり起きた自然災害では、電力不足の問題が浮き彫りになりました。
太陽光発電を利用すれば、集積された電力を自然災害時に各家庭に回すことができます。

余った電力を売れる
太陽光発電はとても大きな電力になるので、昼間に使用しても余るものです。
その余った電力を電力会社に売れば利益を出せます。

CO2を排出しない
地球温暖化に環境破壊が進んでいますが、この原因はCO2によるものです。
太陽光発電はCO2を排出しないので、エコ対策に貢献できます。

< 太陽光発電のデメリット >

コストが高くつく
一般家庭に太陽光発電システムを設置しようとなると、現在では200万円前後の費用がかかります。
国や自治体から補助金が出ても一般家庭にはとても出せない金額です。
また、システムを設置したとしてもメンテナンスに費用がかかる為、継続的に使用するにはかなりの資金が必要とされます。

引っ越しが難しくなる
一軒家に太陽光発電システムを設置してしまうと、引越しの際に移転費用が掛かってしまいます。
現段階では元を取るまでには10年間は使用する必要があると言われているので、移転の可能性がある場合には不向きと言えます。

電力が不安定である
太陽光が源となるので夜間は発電ができません。
また、天気の悪い日には発電ができないこともあり、その際には通常の電気代がかかってしまいます。

太陽光発電は非常に便利でエコなのですが、費用が高くつくのと発電量が太陽次第ということからまだ多くの課題が残されています。
地元に密着した大きな企業などが率先してシステムを導入することにより、少しずつ普及させていくことが望ましいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です